サイトトップ>食品>人気急上昇のお薦め品。高級魚をいろいろな味で楽しめる魚漬。いわき金波銀波魚漬(KG-50)
人気急上昇のお薦め品。高級魚をいろいろな味で楽しめる魚漬。いわき金波銀波魚漬(KG-50) 人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 : 釜庄 カニ・海鮮グルメとスイーツ
発売日 :
発送可能時期 :
価格 : 5,250円

>>同梱人気商品をチェック!このページではインラインフレームを使用していますインラインフレームに未対応のブラウザをお使いの方は、こちらへどうぞ。商品詳細とお届け方法 内容量と賞味期限 ●いわき金波銀波(KG-50)(7切れ入り) ・紅鮭1切(約120g前後) 【原材料】 ※粕漬けの場合 紅鮭、酒粕、米、米麹、糖類、アルコール、天然塩、みそ ※味噌漬けの場合 紅鮭、みそ、米、米麹、糖類、アルコール、天然塩、醤油、酒 ・金目鯛2切(約110g前後) 【原材料】 ※粕漬けの場合 金目鯛、酒粕、米、米麹、糖類、アルコール、天然塩、みそ ※味噌漬けの場合 金目鯛、みそ、米、米麹、糖類、アルコール、天然塩、醤油、酒 ・さわら1切(約110g前後) 【原材料】 ※粕漬けの場合 さわら、酒粕、米、米麹、糖類、アルコール、天然塩、みそ ※味噌漬けの場合 さわら、みそ、米、米麹、糖類、アルコール、天然塩、醤油、酒 ・銀鮭2切(1切れあたり約120g前後) 【原材料】 ※粕漬けの場合 銀鮭、酒粕、米、米麹、糖類、アルコール、天然塩、みそ ※味噌漬けの場合 銀鮭、みそ、米、米麹、糖類、アルコール、天然塩、醤油、酒 ・銀鱈1切(約120g前後)【原材料】 ※粕漬けの場合 銀鱈、酒粕、米、米麹、糖類、アルコール、天然塩、みそ ※味噌漬けの場合 銀鱈、みそ、米、米麹、糖類、アルコール、天然塩、醤油、酒 ※手作りのためバラつきがございます。 ※詰合せは味付けのご指定が出来ないため、味噌・粕・照りが混合となります。 ※季節や生産状況により、他の魚種に変更となります。ご了承ください。 【賞味期限】冷凍1か月 ●化粧箱に包装されています。 2008/05/01/内容が変更となりました。 お届け方法  宅配便でお届けします 送料 備   考 他オークション・共同購入・タイムセール等と同送できます。(鮮魚・冷蔵品を除く) (楽天市場の自動返信ではシステム上送料が別々に計算されますが、翌日の当店からのお礼メールで正しい金額をご連絡します。) この商品は冷凍品です。冷蔵品・産地直送品とは同梱できません。 少々変わった名前のこの商品。 「金波銀波(きんぱぎんぱ)」とは、 海を泳ぐ魚達がキラキラと美しく光り輝くことから、当店の先代社長が名付けた自慢の魚漬(うおづけ)をこう呼んでいます。 「魚漬」とは、その名の通り魚の切り身を味噌や酒粕などに漬け込んだものとされていますが、 当店の魚漬は一味も二味も違います! 厳選された切り身を本仕込みで仕上げたまろやかな味は、大阪府知事賞も受賞したこともあるほどで、昔からのお客様からも評価が高い、定番商品です!お歳暮・お中元シーズンには当店の看板商品として、実店舗や各地のデパート・スーパーで人気の贈り物としてご紹介させていただいております!豪華な見た目から、お使い物にされるお客様が多い商品ですが、ご自宅用に注文いただいたお客様からもたくさんのリピートをいただいています。これもまた、美味しさを評価いただいているからこその結果といえます。 金波銀波はこのように、ギフトにはもちろん、ご家庭での豪華な晩御飯にもご利用いただける当店自慢の逸品です。 金波銀波に使用している代表的な魚種として、 銀鱈(ぎんだら)、紅鮭(べにざけ)、銀鮭(ぎんざけ)、鰤(ぶり)、金目鯛(きんめだい)、鰆(さわら)があげられます。 未加工の冷凍切り身をスーパーで見かけることがありますが、最近は手が出しずらい値段であることが多く、特別なときにしか買えません。 当店も例外ではなく、高騰する原料に悩み続けましたが、代々受け継いできた味や品質を落とすことは出来ないと判断し、変わらぬ美味しさを守り続けています。 風格と気品あふれるその身を一目見れば、魚の身の大きさと厚さにまず驚き、食べれば美味しさに納得されることに間違いありません。 北太平洋を回遊し、サケ・マス類の中で最も赤い色をしています。 この赤が濃いほど美味しいとされています。 身質もやわらかく、脂のりも十分の最高級品です。 粕漬、味噌漬どちらにも相性が良いバランスのいい魚です。 大きな目が黄金色に輝くことからこの名前がつけられました。 脂の多い白身魚ですが、さっぱりした味でたいへん美味です 粕漬との相性は、人によってどの魚種よりも美味しいと感じるほどピッタリです。 大きさによって名前の変わる、縁起のいい出世魚です。 身が柔らかいため製造に技術を要します。 くせのない上品な味の白身は、焼いたあとに冷めても固くなりにくいのが特徴です。 味噌の甘みが鰆の旨みを引き立ててくれる味噌漬を、ぜひお試しください。 一番人気の魚種。 年々、価格が高騰しています。 北方漁場で漁獲され脂の多い白身魚の旨みは特に本粕漬との相性が抜群です。 甘めの味がお好みの場合は、味噌漬も召し上がってみてください。 新鮮でよく脂がのった銀鮭は、 酒粕の香りと見事に溶け合い、美味しくなります。 焼いても身がほとんどやせない為、 焼いて食べる魚漬に最適の魚種です。 1.商品到着後の保管方法ですが、漬かり具合の浅い方が好みの場合は冷凍保存。じっくり漬かったほうが好みの場合は冷蔵保存をお薦めします。冷凍庫に保管しておくと熟成は進みません。冷蔵保存(+5℃)すると、熟成が進み、さらにまろやかな味になります。 特に味噌漬は、2日程度冷蔵庫で寝かせてから召し上がりいただくと、より味噌の風味が増します。 2.皮や身についた粕や味噌をクッキングペーパーでふき取ります。せっかく味がついてるのにもったいないと思うかもしれませんが、十分に漬け込んでありますので味が落ちることはありません。 (照り焼きの場合は拭かずに調理できます。) 3. アルミホイルを揉んでしわしわにし、その上に金波銀波を乗せます。 魚から出る脂はホイルのくぼんだ所にたまるので、身がこびり付きにくく、ひっくり返しやすくなります。 4. そのままグリルやオーブントースターにかけて加熱します。 片面を七割焼いたら、裏を三割で焼き上げてください。 表面がブシュブシュと泡を吹き出したら出来上がりです。焼きすぎると食感が落ちるため、ご注意ください。 5. 熱いうちにそのまま召し上がりください。 ゆず・かぼすをしぼっても美味しいです。あたたかいご飯や、日本酒などと一緒にお楽しみください。

サイトトップ>食品>人気急上昇のお薦め品。高級魚をいろいろな味で楽しめる魚漬。いわき金波銀波魚漬(KG-50)
このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。