サイトトップ>食品>日本最高の温室栽培技術で育てられた逸品爽やかな味わいと上品な味わいが絶品静岡県産クラウン『マスクメロン』大玉2個入り(化粧箱入り)【母の日のプレゼントにおすすめ】【母の日のギフトにおすすめ】
日本最高の温室栽培技術で育てられた逸品爽やかな味わいと上品な味わいが絶品静岡県産クラウン『マスクメロン』大玉2個入り(化粧箱入り)【母の日のプレゼントにおすすめ】【母の日のギフトにおすすめ】 人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 : 果実庵
発売日 :
発送可能時期 :
価格 : 16,800円

【母の日のプレゼントにおすすめ】【母の日のギフトにおすすめ】商品詳細とお届け方法  産地静岡県袋井 食べ方食べやすい大きさにカットしてお召し上がりください。 保存方法●冷蔵で保存してください。賞味期限 1週間●食べ頃の日付けをタグに記載しております。内容量2個1個あたり約1400gお届け方法【ヤマト運輸】 常温便備考果物は収穫量等の都合により、一時的に品切れする場合がございます。その場合はこちらから納期のご連絡させていただきます。【お誕生日】【お供え】【お見舞い】などの各種ギフトに! ■マスクメロンの栽培の歴史マスクメロンの栽培の歴史は大変古く、日本で最初に栽培が行われたのは明治34年?35年頃とつたえられています。メロンの温室栽培といえば静岡県というイメージが強いですが、実は日本で最初に温室でメロンが栽培されたのは東京の新宿御苑だったそうです。その後、五島八左衛門氏が大正2年にイギリスに留学し、帰国した後に本場イギリスの温室メロン栽培を日本に導入しました。その当時、静岡県の袋井市が温室園芸を開始したばかりだった頃に五島氏によって静岡県の袋井市に温室メロン栽培の技術がつたえられたそうです。このような歴史が基礎となり、静岡県がメロンにおける日本一の温室栽培を培ってきました。 ■メロン栽培の最高条件であるガラス温室静岡県産マスクメロン栽培はメロン栽培専用の特殊な温室で行われています。実は日本ではほとんどのメロン栽培の温室はビニールハウスで行われていて、ガラス張りの温室で栽培されているマスクメロンは静岡県温室農業協同組合のものしかないといっても過言ではありません。その温室技術の高さは常に日本の農業の手本とされるほど非常に技術が高いといわれています。ガラス温室にも2種類あり、左上のスリークォーター型と右上のフェンロー型の温室があります。両者ともに静岡県独自の温室栽培構造でメロンを栽培する上でベストといえる構造をもっています。ガラスという素材は光の透過が良いので、温室に十分に太陽光線を十分取り込むことができます。また、すべての温室は南を向いていて太陽光が十分に吸収できるようになっています。 ■最新のコンピューター技術で温室内を管理メロンは温度にとっても敏感で、夜間の1℃の違いでも生育が大きく変化します。そのため温度管理には最新のコンピューター技術を導入して、綿密な温度管理をおこなっていおます。また、冬場の温室ないの温度低下を防ぐため、温室内には配管が設置されてパイプの中には温湯を循環させて暖房をおこなっています。そのような最新の温室内設備によってメロン栽培にてきした環境を作り出しています。 ■高品質なメロンを生み出す隔離ベッド栽培静岡県産のマスクメロンの栽培施設と他の産地のアールス系メロンの栽培施設には決定的な違いがあります。その違いというのは、静岡県産マスクメロンの栽培には隔離ベッドとうい棚をもうけて栽培していることです。この棚は地面から30cmほどの高さに設置されていて、その中に土と完熟した堆肥、有機質肥料を入れて耕しメロンの苗を定植しています。隔離ベッドで栽培するとの利点は、直接地面に植えると連作による病気や障害の発生を防ぐことができるメリットがあります。また、ベッド型の棚の中で栽培することにより、土壌から余分な水分を吸収することがなくなります。棚の中の水分コントロールが大変しやすい為、甘くて美味しいメロンを栽培することを可能にします。このような非常に高価な設備投資があるため、1年中クオリティーの高いメロンを栽培することができるのです。 発芽したメロンの種を植木鉢に植えかえます。メロンの苗を鉢植えして7日後に病気に強いメロンと美味しい実をならすメロンを接木します。25日後に成長した苗木を地上から隔離されたベッド上の棚に定植します。約45日後には1m以上に成長し、果実をつける枝が伸びてきます。 約50日後、メロンの花が開花します。その時期に雄花の花粉を雌花につけ交配作業を行います。ミツバチを利用する場合もあります。約60日後に、交配の為に枝を3本伸ばしますが、その中から最も形の良い玉を選び出し、残りの2個の果実は摘み取ってしまいます。摘果作業が終わって3、4日経つと果実の表面にひびわれが始まり、ネットが現れます。花が咲いてから約45日で収穫直前となります。この時期の外観は店頭で並んでいる姿とほとんど変わらない姿となります。 ■アールス系メロンの最高品種メロンにはさまざま栽培方法やいろいろな品種が存在します。栽培方法ではマスクメロンのような温室栽培、またはハウス栽培や路地栽培といったものがあります。品種の特性としましては、ネット系メロンとノーネット系メロンに分類されます。さらに果実をきった時の果肉の色で緑肉系、赤肉系、白肉系とに分かれます。現在ではさまざまなメロンが全国で栽培されていますが、静岡県の温室で栽培されているメロンの品種(品種:アールスフェボリット)が品質の上で最高といわれています。この静岡県のマスクメロンの品質を目標として全国のハウスでアールス系の品種がたくさん栽培されています。静岡県産マスクメロンは設備や農業技術だけではなく、メロン自体の品種も最高級であることが広く知られています。 ■出荷のための厳格な検査静岡県産マスクメロンの高品質の秘密は農業技術の高さや最新の施設だけではありません。出荷段階の品質管理にも他のメロンの産地とは違う、厳格な基準が設けられています。出荷前に無作為に箱からメロンを選び、果実を半分に切り、肉質、糖度、風味、熟度、食味を厳格に検査します。その検査の基準をクリアしたものだけが出荷されます。また、ネットの張りや網目の形状、形や重さによって4段階の等級が与えられ、グレードが1箱単位でつけられます。出荷されるメロンには静岡県温室農業協同組合が出荷したという証であるクラウンのシールが1つ1つのメロンに貼られます。そのシールには生産者の番号がついていて、メロンを栽培した人物が判明できます。また、そのシールは生産者のプライドと責任の証でもあります。まさに生産者から組合にいたるまでメロンの品質管理の徹底に惜しみない努力を注いでます。このような品質管理の賜物が日本一のメロンを出荷している隠れた秘密なのです。 ■爽やかな甘味と上品な味わい最高級品静岡県産マスクメロンはメロンで最も高価なメロンで、高級フルーツ店や百貨店等で販売されています。やはり高価なメロンだけあって他のアールス系メロンと一線を画す味わいをもっています。静岡県産マスクメロンは糖度が14?16度ほどありとっても甘く、果汁が多くてジューシーな味わいをもっています。食べ頃のメロンにスプーンをいれると軟らかくもなく硬くもない果肉の食感がとっても上品な舌触りを約束してくれます。マスクメロンの味わいと食味の良さはまさに日本メロン品質で最高といっても過言ではありません。このすべての最高をかねそなえたマスクメロンはフルーツで最も多く贈答品として使われることは間違いないでしょう。 商品・発送についてご確認ください。 ●食べ頃のメロンの下方部が少し軟らかくなって果皮が黄色がかった頃が食べ頃です。メロンが軟らかくなると特有のいい香りがしてきます。そちらも食べ頃の目安にしてください。なお、食べ頃の日付けをお入れしておきますので目安にしてお召し上がりください。●食べる2.3時間前に冷蔵庫で冷やして、皮をむいてお好み大きさにカットしてお召し上がりください。●賞味期限は到着から7日間です。生物ですので新鮮なうちにお召し上がり下さい。●保存方法は常温の涼しい場所で保存してください。●発送が完了しましたら、メールにて「○月○日到着予定」というご連絡をさし上げます。●送料は全国一律840円です。●他の商品と同梱は可能です。但し、冷凍商品や一部同梱が出来ない場合もございます。●宅配便はヤマト運輸の常温便で発送いたします。

サイトトップ>食品>日本最高の温室栽培技術で育てられた逸品爽やかな味わいと上品な味わいが絶品静岡県産クラウン『マスクメロン』大玉2個入り(化粧箱入り)【母の日のプレゼントにおすすめ】【母の日のギフトにおすすめ】
このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。