サイトトップ>ワイン>アルフォンソ オロロソ ゴンザレス・ビアス 750ml (シェリー酒)【あす楽対応_関東】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】
アルフォンソ オロロソ ゴンザレス・ビアス 750ml (シェリー酒)【あす楽対応_関東】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】 人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 : オーケストラワインショップ
発売日 :
発送可能時期 :
価格 : 1,869円

アルフォンソ オロロソ ゴンザレス・ビアス 750ml  長い熟成を経て、ほんのりスパイシーな高級葉巻のような味わいが感じられます。●オロロソ(辛口)シェリー最上級の長い熟成を経た、重厚なコクをもつ辛口シェリー。最低7年以上熟成させ、色は琥珀色からマホガニー色になります。セパージュ(品種)パロミノ 【あす楽対応_関東】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】現在世界でいちばん有名なシェリー・メーカーであるゴンザレス・ビアス社の歴史は、1835年にまで遡ります。創業者は、当時若干23歳だったマヌエル・マリア・ゴンザレス・アンヘル氏。シェリーの聞き酒の名手であり、「ティオ・ペペ」の名前の由来ともなった彼の叔父・ドン・ホセ・アンヘル・デ・ラ・ペニャ氏の助力のもと、自分のシェリーを造って輸出するためのボデガ(酒倉)を購入したのが、その始まりだといいます。初年度の輸出量は樽にして10樽程度のものでした。しかし、わずか3年後には819樽にまでその業績を伸ばします。やがてイギリスのワイン販売代理業者ロバート・ブレイク・ビアス氏を共同経営者に迎えて事業は飛躍的に拡大。社名も現在のゴンザレス・ビアスと改め、1862年には、女王イザベル2世がへレスの町を訪問した際、王室御用達のメーカーとして「王家承認」を受けました。1870年頃には、早くも貯蔵庫に1万個を超えるワイン樽を備え、へレスの町いちばんのシェリー・メーカーとして揺るぎない地位を確立しています。

サイトトップ>ワイン>アルフォンソ オロロソ ゴンザレス・ビアス 750ml (シェリー酒)【あす楽対応_関東】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】
このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。